大人女子のキレイに近づくTea Salon

カラダ

Vol.14 どうして女性は便秘になりやすいの!?

便秘の女性

多くの女性を悩ませる便秘。お腹がはったり痛くなったりするだけでなく、お肌が荒れたり、頭痛や肩こり、放置してしまうと大腸がんなどの大きな病気の原因にもなりかねない症状です。実は、便秘に悩んでいる女性は男性に比べて2.4倍も多いのだそう。

便秘については「Vol.6 食物繊維を味方につけて「便秘」知らずのスッキリ美人に」でもお伝えしましたが、なぜ男性より女性の方が便秘になりやすいのでしょうか? 今回は、女性と便秘についてお話ししましょう。

女性が便秘になりやすい理由5つ

1.男性と比べて筋力が弱い
女性は男性よりも全身の筋肉量が少なく、特に腹筋力が弱い場合は腸の運動も十分に行えません。
また、腹筋力は排便時にも重要な役割があるため、弱ければ十分にいきむことができず、ますます便秘がちになってしまうようです。

2.女性ホルモンのバランス変化
生理前はいつも便秘気味という方は多いのではないでしょうか。
排卵後~月経前の2週間は黄体ホルモン(女性ホルモン)が多く分泌されます。すると、腸のぜん動運動が鈍くなり、便意を感じづらくなりどうしても便秘になりやすい傾向に。
また、腸の動きは自律神経によって制御されているため、閉経やホルモンの分泌バランスが崩れると自律神経の乱れだけでなく便秘にもつながると言われています。

3.無理なダイエット
極端に食事の量を減らしたり、1品目しか摂らないといった無理な食事制限でダイエットをしていると、腸に必要な栄養や食物繊維が偏ったりして便秘になります。
食事の量を減らすと必然的に便の量も減り、便意が薄れたり、排便そのものの習慣がなくなったりして、のちのち便秘につながります。

4.トイレを我慢する
「朝は忙しくて時間がない」「外出先のトイレに人がいるときは、入りたくない」「パートナーや友達と一緒にいるときは、トイレに行きづらい」など、人それぞれに事情はあるかと思いますが、便意を我慢してしまうことも便秘の原因になります。
便意を催したタイミングで排便せずにいると、からだに便が溜まっている状態に慣れて、自然に排出できなくなってしまうからです。

5.水分摂取の不足
現在の日本人の正常な便は、7~8割が水分と言われています。1日の水分摂取量が少ないと、便が硬くなって腸の中を動きづらくなり、これも便秘の原因になります。
肌がカサカサしている、口の中が渇いている、髪がパサつくなどの症状は、体内が水分不足である証拠です。
食べた物が便になる過程で、腸壁から多くの水分が吸収されてしまうので、便をやわらかくして移動しやすくさせるためには十分な水分摂取が欠かせません。アルコールや清涼飲料水ではない水分を毎日きちんと摂取しましょう。

今すぐ生活習慣の改善を

食生活の見直し

極端に少ない食事量やジャンクフードに偏った食生活、過労、ストレス過多、睡眠不足が当たり前の不規則な生活を繰り返すと便秘になりやすくなるだけでなく、現在の症状を悪化させてしまいます。
心当たりがある方は、今すぐ生活習慣を見直しましょう。

  • 商品一覧
  • こだわりの厳選素材
  • 3ヶ月チャレンジ
  • よくあるご質問

営業カレンダー

Calendar Loading

出荷業務お休み

ページトップへ戻る