大人女子のキレイに近づくTea Salon

カラダ

Vol.8 脚や顔だけじゃない!ダイエットに立ちはだかる「むくみ腸」

脚や顔だけじゃない!ダイエットに立ちはだかる「むくみ腸」

多くの女性を悩ませる「むくみ」については、以前お話ししましたが、むくみは、脚や顔だけに起こるものではないことをご存知ですか?
近頃、腸にも脚や顔と同じむくみの症状が出る「むくみ腸」が注目を浴びています。
見えないところだけに、気づいていない方もいらっしゃるかもしれませんが、つねに便秘気味の方や、ダイエットに励んでいても結果が出ない!という方は、「むくみ腸」かもしれません。

むくみ腸になる原因と症状とは?

食べたものが便となる際、大腸から水分を吸収してからだから外へ排出していきます。ところが便秘などで腸の血流が悪化すると余分な水分がうまく排出できず腸壁に留まったままになってしまうのです。この腸管がむくんだ状態を「むくみ腸」といいます。とくに、1日中ほとんどデスクワークという女性の場合は座りっぱなしでいることによって腸に刺激がいかず、むくみ腸になってしまうリスクが高いといわれています。

【むくみ腸が引き起こす主な症状】
・からだ全体がむくむ
・全身が冷える
・エネルギー代謝が悪くなり太りやすくなる
・慢性的な便秘
・大腸がんになる確率が高くなる
・頭痛、肩こり、腰痛


«こんな症状があったら、あなたは「むくみ腸」かも!»

□ 体温以上の温度で飲む
□ 1日1.5~2リットルを目安に、こまめに飲む
□ つねに腸のあたりが張っている(お腹がカチカチに硬い)
□ 便のあとでも、まだ残便感がある
□ 脚や顔にひどいむくみがある
□ ニキビや吹き出ものがなかなか治らない

といった主に便秘の症状がある方は要注意です。

むくみ腸を改善するには?

下剤

・下剤の服用をやめる
便秘解消のためと思って長期的に下剤を服用しているのになかなか治らないという方は、余計に便秘をひどくしてしまう負のサイクルに陥っている可能性があります。下剤は腸に刺激を与えて便を出す刺激物。腸の粘膜を炎症させるので血流障害を引き起こし、それがむくみ腸の原因になっています。

・一度に目いっぱい食べるドカ食いをやめる
忙しくて1食抜いてしまったから、今日はご褒美だから、ストレスがたまっていて……などといった理由で、一度にお腹いっぱい食べてしまうことはありませんか? このようなドカ食いをすると血流が腸に一気に集中し一気に引き、血流を悪化させてしまいます。

・朝食はきちんと摂る
忙しい、めんどくさいと朝食を摂らない人が多いかもしれませんが、腸を正常に働かせるためには体内時計のリズムを整えることが大切。食事や睡眠は規則正しくとりましょう。

・お風呂の温度は熱すぎないこと
寒い季節や冷房などで冷え切ったからだを温めるために、ついつい熱めのお湯に入りたくなってしまいますが、実は熱いお湯はからだにストレスを与えています。ぬるめのお湯にゆっくり入る半身浴は、血流をよくし代謝を上げることで自律神経も整います。また、冷たい飲み物をガブガブ飲むことも内臓を冷やしてしまうのでむくみ腸の原因になります。

・腸内環境を整える
むくみ腸を改善するには、腸内環境を整えることが一番。生きて腸まで届くと謳われているビフィズス菌の入った乳製品と一緒に食物繊維を摂るとより効果的でしょう。ヨーグルトにキウイやリンゴなどの果物がおすすめ。朝昼晩のいつでもいいですが、空腹時の胃酸の影響を受けない食後がいいでしょう。腸は意外にも寝ている時に活発に動く臓器なので、寝る前に摂るのも効果的です。

・ストレッチでからだを動かす
デスクワークでなかなかからだを動かすチャンスがないという方は、休憩時間や就寝前に軽くストレッチをしてみてはいかがでしょうか。血流をアップして腸管を刺激することでむくみ腸の改善が期待できます。

  • 商品一覧
  • こだわりの厳選素材
  • 3ヶ月チャレンジ
  • よくあるご質問

営業カレンダー

Calendar Loading

出荷業務お休み

ページトップへ戻る