大人女子のキレイに近づくTea Salon

カラダ

Vol.6 食物繊維を味方につけて「便秘」知らずのスッキリ美人に。

「便秘」知らずのスッキリ美人に

年齢を問わず、多くの女性を悩ます「便秘」。
原因は様々ですが、便秘のほとんどは生活習慣の見直しによって改善できるものです。

お通じが悪いと、せっかくの細身スタイルもお腹だけポッコリとして見えてしまって残念なことに。
着たかった洋服がお腹だけ入らない……なんてこともあるかもしれません。
お通じは毎日のことだからこそ、健康的に改善したいものですね。
今回のコラムでは、「便秘」についてお話します。一緒に便秘知らずのスッキリ美人を目指しましょう。

便秘ってどういうこと!?

便秘とは

便秘というと「週に2 ~3回の便通」といったように回数だけで定義してしまいがちですが、食べ物の消化・排便までの時間は、だいたい24時間周期といわれていますので、腸内環境が良好なら1日1回が望ましく、それ以外なら何らかの原因で便秘ということになります。ここで大切なのは便の性質です。

・量が少ない
・硬い
・なかなか出にくい
・残便感がある

といった場合は便秘だと考えましょう。重度になると、頭痛や肩こり、吐き気、肌荒れといった、腹部とはあまり関係がないところにまで悪影響を及ぼします。
さらに放置すれば、大腸がんといった大きな病気の原因にもなりかねない怖い症状なのです。
「女性は便秘で当たり前」という概念は大変危険な思い込みであると認識しましょう。

中には、ダイエットをしているのに体重が変わらないことを便秘のせいにして無理やり薬で解決しようとする人も多いようです。常習的に下剤を摂取すると腸の機能が衰え、便秘の症状が悪化していくという負のループに陥ります。


≪便秘の主な原因≫

1. 食物繊維不足
2. 水分不足
3. 運動不足
4. ストレス
5. 腸内環境の悪化
6. 病気・薬の副作用、下剤の常習服用

便秘の原因は、人によってさまざまですが、日本人にもっとも多いとされているのが食物繊維不足による便秘。
例えばダイエット中で、「一品目だけしか食べない」という偏った食生活の方法や極端に食べる量を減らすような方法は、食物繊維不足になってしまうことが多いようです。
これではせっかくダイエットをしていても、便秘になってしまったらなかなか体重が落ちません。

大切なのは食物繊維を正しく摂ること

食物繊維

食物繊維は、人の消化酵素では消化できない成分なので、便としてそのまま外に排出される特徴があります。
覚えておきたいのは、食物繊維にも「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があるということ。
双方をバランスよく取り入れないと、便秘の改善にはなりません。

水溶性食物繊維
水に溶け、便を柔らかくしてくれます。
この時、体内に摂取しなくてもよい成分も
一緒に排出してくれます。
不溶性食物繊維
水を含んで膨らみ、腸壁を刺激して
腸の蠕動運動を盛んにします。
・昆布
・わかめ
・こんにゃく
・果物
・ごぼう
・納豆
・寒天
・豆類
・おから
・モロヘイヤ
・トウモロコシ
・サツマイモ
・きのこ類

食物繊維=サラダを連想する方が多いかもしれませんが、野菜なら何でもいいというわけではなさそうです。
特に不溶性食物繊維が多いものばかり食べているとかえって便秘には逆効果。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスは「1:2」が理想です。
毎日継続して正しく取り入れて、あなたもスッキリ美人になりましょう。

  • 商品一覧
  • こだわりの厳選素材
  • 3ヶ月チャレンジ
  • よくあるご質問

営業カレンダー

Calendar Loading

出荷業務お休み

ページトップへ戻る