ゆっくリズムで健康維持

「ゆっくリズム」の吸収が重要

砂糖は肥満のもとになるとして嫌われ、代わりに黒糖が使われます。
ところが、両者は栄養学的にはどちらも1グラム当り4キロカロリーでカロリーの差はありません。
同じカロリーのものを食べているのに一方は肥満に、他方はダイエットになるのは何故でしょうか・・・?

実はこの差は吸収速度の違いによるのです。

すべての食品は加工の度合いが高いほど、また純度が高いほど吸収速度が速くなり、逆に自然に近いほど吸収はゆっくり行われます。
私たちの代謝のメカニズムがスムーズに行われるためにはこの「ゆっくリズム」が重要で、健康維持にもダイエットにもこの原則は大切なカギとなります。
自然の素材は必ずその吸収を遅らせる成分を含んでいるか、吸収が早くならない形態をしていてカロリー過剰を起こしにくい仕組みを持っています。

近年私たちの食生活は大きく変わり、加工食品抜きでは一日も暮らせない食環境となっていますが、ほとんどの加工食品は吸収速度が速く、防御システムが働く間もなく吸収されてしまうことなどから健康上さまざまな弊害をもたらし、生活習慣病や肥満の大きな原因となっていることは疑う余地のない事実です。

しかしながら、食生活のすべてを自然食品で行うことは、もはや実現不可能というほかなく、栄養補助食品などの働きを借りて、食べたものを「吸収が速くならない形態」に戻すことが重要です。

サプリメントを賢く活用し、食物の吸収速度をゆるやかにしてその弊害を防ぎ、健康維持やダイエットに役立てましょう。

藤田忠

藤田 忠 プロフィール
Tadashi Fujita

薬学博士。京都薬科大学卒業。 医学と薬学の狭間ともいうべき自然療法の研究に情熱を注ぎ、またスポーツ栄養学にも造詣が深い。
現在は機能性食品の開発、研究者として国内だけでなく海外にも活躍の場を広げている。 ダイエットに関する著書としてベストセラーとなった『食べながらラクしてやせていいのかしら』等がある 。

  • 商品一覧
  • こだわりの厳選素材
  • 3ヶ月チャレンジ
  • よくあるご質問

営業カレンダー

Calendar Loading

出荷業務お休み

ページトップへ戻る